Spring is coldのこと

 

f:id:saidsago:20191020194308j:plain

フジロックでデスキャブを見た。

だいすきなバンドだからカセットのジャケットにした。

f:id:saidsago:20191020193632j:plain

雨でめちゃくちゃになって、スマホも水没して、でもかろうじて撮った写真を粉々にして新橋のゲーセンのキラキラと一緒にしたジャケットです。

f:id:saidsago:20191020193707j:plain

 

そしてデスキャブ見れていろんな気持ちが成仏したので、最近ギターを変えました。

SAGOSAIDギターのシンマボーイの魂が入ってるジャガー。

シンマボーイは今年の6月くらいにサゴセのメンバーになった。

大学のとき、自分が所属しているサークルの、隣の軽音サークルでマーシャルですごい爆音出してるかっこいい先輩いるなあと思っていたけど、なんとシンマボーイだったのだ。

Dinosaur.Jrが好きだみたいな話を当時少しした気がする。

そして何年か経って東京にきたら、そのシンマくんはVINCE;NTというバンドをやっていてすごくかっこいい。

そんな人がSAGOSAIDという私のわがままバンドでギターやってくれてすごい嬉しい。

そのシンマくんが使ってたジャガーを借りた。

このカセットを録音したときは、まだG&Lのギターだったけど、最近はジャガーを使っている。

 

Spring is coldは春に寒すぎてイライラしてつくった。

イントロはART-SCHOOLのSEAGULLみたいにしよと思ったけど結果的に全然違う曲になった。

そういうことが多い。

 

春につくったが録音したのは夏だった。

そしてリリースは秋。

もう春のイライラは忘れてきてしまった。

 

今回も一発録りだ。シンマボーイの圧倒的録音技術を借りて、前回より音がすっごいよくなったよ。

 

録り、ミックスは主に私とシンマくん、演奏はSAGOSAID4人、ジャケットは前回も手伝ってくれた友達のハラちゃんがやってくれた。

途中で友達のともきが来て粉々になった写真を並べ替えてくれた。

ハラちゃんもともきも、フジロックにいたよ。

雨でひどいことになったけど、キラキラした時間がキラキラしたジャケットになって嬉しいよ。

MVは名古屋のリゾブラで出会った友達のごぼうちゃんにやってもらったよ。

一緒にダイソー行っていろいろ買ったりして楽しかった。

とりあえず私が強そうでギャル的なんだけどちょっとへんてこな感じにして!!と無理なお願いをして、見事にそんな感じにしてくれた。

そんな感じで、友達となんかやる、というそういうことが今は楽しい。

学生のときに上手く自分を出せなかったけど、今はできなかったことを追体験している感じ。

いつまでも昔できなかったことにこだわっててダセーなとも思うけど、どうせ死ぬし、好きなようにやったらいいじゃんと最近思い始めた。

そもそもインターネットに顔を晒すことにめちゃくちゃ抵抗ある人間だったから、she saidのときも顔出すことにめちゃくちゃ葛藤したけど、MVつくるのが楽しすぎて性格が180度変わってしまった。

よかったね、自分。

 

Pixiesのキムとか、sonic youthのキムみたいなコーラスが欲しくて、女性メンバーがほんとは居てほしかったんだけど、メンバーが全員男になってしまった。

でも木村にコーラスやってもらったら普通にいいなと思ったから木村にコーラスけっこうやってもらっている。

木村の声がけっこうイケボ系なのでうまいことイケボ感を出さずに録るのがけっこう苦労して、それがおもしろかったりした。

今気づいたけど木村のことたまにキムって呼んだりしてた。

キムやん。

 

男3人がけっこう仲良しな感じなので、見てて楽しい。

その反面、ずっとスタンド・バイ・ミーを見てるみたいな疎外感もある。

ちょっと前まで、男の子に生まれてきたかったと思っていた。

男女とか関係なく、私はずっと好きなことをしているし、してきたつもりだけど、どうしても入り込めないあの男の子たちの感じがうらやましかった。

かといって女子グループにもうまいこと入れなくて、ガールズバンドにもなれず。

何年か前までは男の子の世界に入り込みたくてめちゃくちゃにやっていたけど、今はもうそんなもんだよね、となんとなく納得してただ私が存在している。

 

バンド楽しい!みたいな映画とかみると、簡単に曲ができたり、メンバー同士でいろいろあるが、結果絆深まる的な展開が多い。

そんなうまくいくわけない。。。と思って、冷めた目でみてしまっていたけど、それは自分が全力でおもしろくしていないからじゃないのかなあ。

そう思い、できるだけめっちゃ全力でやっていたらどんどんおもしろくなってきた気がする。

私の根がサッドなのは変わりないんだけど、サッドなりに全力。

ていうか最初はもうバンド諦めてたから完全ソロでやって、たまにバンドセットでやるという活動をしようと思ってたんだけど、メンバーがいつも一生懸命にやってくれるから自然とバンドとしての活動がメインになっていったという感じだ。

いつやる気なくなるかわからないから、やる気あるうちはめちゃくちゃやっていきたい。

https://sagosaid.com/2019-10-20/

お店の情報など↑こちら